うらら迷路帖

18年12月号「うらら迷路帖」 感想 千矢の母親が登場!母親の正体はやっぱり「くろう」?

前回の感想はこちら

あわせて読みたい
18年11月号「うらら迷路帖」 感想 お化けの正体は禁忌を犯したうららだった前回の感想はこちら https://kirarareview.com/urarameirotyo_18_10 htt...

 

 

臣の夢占いで千矢を救うことができたものの迷路帖の禁忌「神様の正体を占う」ことを犯してしまい呪いを受けた紺たち。

千矢だけは「くろう占い」が千里眼の力によるものだったので呪いを受けませんでした。

 

夢占いを行った次の日の朝、落ち込む紺を見て1人だけ呪いを受けなかった千矢はなんとかしようと黒いあざをなめました。

そこに千矢の困っていることを予感したお狐さまが現れます。

でもお狐さまは紺と千矢がイチャついているように見えてご立腹でした。

お狐さまは平常運転ですね笑

 

そこに小梅たちもやってきて落ち込んでいても仕方がないからと状況整理をすることに。

昨日起きたことを振り返っていると千矢は自分だけあざがないことに罪悪感を感じていました。

そんな千矢を見てノノは九番占試験の予選であったことを思い出します。

ノノはその時は災いを4人で分け合うと話になったけど今回は呪いの怖さを5人で分け合って最後まで諦めずになんとかできないかな?と言いました。

予選の時に泣いていたノノとは思えないほど心が強くなりましたね。

 

ノノの言葉とお狐さまに説得された千矢は

迷路帖の神様に会って皆の呪いを解いてもらう!
落ち込んでる暇なんて全然ない!!

と前を向いて進むことを決めました!

これこそ千矢ですね。

 

そこに時江さんとニナ先生が話を聞いていました。

最初は巻き込みたくないがために話そうとしなかった千矢たちでしたがニナ先生たちの生徒を守りたい気持ちが伝わり全て打ち明けることにしました。

話を聞いてもイマイチ信じることができない時江さん。

 

しかし、千矢は説得するために時江さんに千里眼で見た母親の名前を言いました。

矢見

その名前を聞いた途端、時江さんは千矢の母親・矢見のことを全て思い出しました。

そして時江さんのもつ水晶には「くろう」の姿が映されていました。

 

前回の感想で書いた予想の通り、「くろう」の正体は迷路帖の禁忌を犯した千矢の母親・矢見になりそうですね。

お狐さまと「くろう」の力を借りれば呪いを解くことができるんでしょうかね?

呪いが解けた場合、今まで呪いにかかったうららたちも戻ってくるのかな?

とにもかくにもますますおもしろくなってきて次回も楽しみです!!

 

次回の感想はこちら

あわせて読みたい
19年1月号「うらら迷路帖」感想 「くろう」の正体が判明!矢見は迷路帖のどこかに眠っている?前回の感想はこちら https://kirarareview.com/urarameirotyo_18_12 htt...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。