うらら迷路帖

18年11月号「うらら迷路帖」 感想 お化けの正体は禁忌を犯したうららだった

前回の感想はこちら

あわせて読みたい
18年10月号「うらら迷路帖」 感想 紺たちが千矢の夢の中へ!そこで視たものは「神様」?前回の感想はこちら https://kirarareview.com/urarameirotyo_18_9 http...

 

 

夢の中で意識を取り戻した千矢の後ろにはお化けがいました。

記憶が曖昧な千矢は意識が失う前の記憶をふと思い出します。

そしてお化けは千矢が視た迷路帖の真実を紺たちに話始めました。

 

昔、1人の勉強熱心な迷路帖の禁忌である「迷路帖の神様を正体を占うこと」を破ったうららのお話でした。

やっぱり昔には「神様」の正体を占う、うららはいたんですね。

 

そして「神様」の正体を知ったそのうららは禁忌を破った代償に呪いを受けます。

日に日に体中に黒い痣ができて数日後にはその姿は黒く染まりました。

 

そう、お化けの正体は禁忌を犯したうらら達

「神様」かと思っていたのでこれは驚きでした!

 

呪いを受けた彼女は呪いを解くために必死に解き方を探すも見つからずお化けの姿になった時には姿が消えてしまいました。

そして、彼女の存在が徐々になかったことになりました。

千矢が占って視たものは今までの禁忌を犯してしまったうらら達の姿だったのです。

 

お化けの正体がわかった事で小梅は本物の神様が気になってしまいます。

「ここから先は視ちゃだめ!!」と止める千矢でしたがお化けがついに「神様」の正体を語りました。

「神様」の正体は【迷路帖】の町そのものだったのです。

これは予想外の展開でした!

 

千矢の「皆っはやく起きて!」の声で夢から覚めた千矢たち。

ただの夢かと思いきや紺たちの体には黒い痣ができていました。

「神様」の正体を知ってしまった紺たちは呪いにかかってしまいました。

 

  • お化け=禁忌を犯したうらら
  • 神様=迷路帖の町

という真実がわかってきた今回の話。

 

描写だけだと千矢には黒い痣がうつされていなかったのには何か意味があるのかな?

結局「くろう」の正体はわからなかったけど禁忌を犯した千矢のお母さんじゃないかな?と予想します。

 

ますますおもしろくなってきた「うらら迷路帖」のこれからが楽しみですね!

 

次回の感想はこちら

あわせて読みたい
18年12月号「うらら迷路帖」 感想 千矢の母親が登場!母親の正体はやっぱり「くろう」?前回の感想はこちら https://kirarareview.com/urarameirotyo_18_11 htt...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。